neat.jpeg

「ニート・イメージ」の使用法

平成15年9月1日   文責:神原幹郎


Neat Imageのダウンロード先は http://www.neatimage.com/download.htmlです。

1.はじめに

   ニート・イメージは世界最強と目されているイメージノイズ除去ソフトです。 デモ版はいくつかの制約がありますが、フリーで使用することが出来ます。
   制約は次の通りです。

   1.イメージプロセスは24ビットRGB、8ビットグレースケールで、48ビットRGB、16ビットグレースケールは不可。
   2.イメージ入力はJPEG,TIFF、BMPが使用可だが、保存はJPEGのみ。
   3.エクスプロアーからのドラッグ・ドロップが使えない。
   4.加工後のイメージにEXIFデータを保持することができない。
   5.バッチ処理は2つまで。

   出来るだけ詳しく、コンピューターの超初心者でも安心してダウンロード、インス トール、使用、画像の保存ができように心がけましたが、ご質問がありましたら 神原までお寄せ下さい。解る範囲でお答え致します。

2.ダウンロードとインストール、アイコンをデスクトップに

   ダウンロード・サイトでMirror#2-Asiaのところをクリックします。
01NIDLSite.jpg

   自動的につぎのテーブルが表示されます。
02NIHozon.jpg

   「保存」をクリックし、自分のコンピューターのダウンロード先を決めます。
03NIFileName.jpg

   ダウンロード終了後、「開く」をクリックしてインストールの開始です。I agree ...のところの チェックマークをクリックして入れ、Next>をクリックします。
04NIInstall.jpg

   インストールが終わると次の画面が出ます。OKをクリック。
05NIInstallFinish.jpg

   デスクトップにニート・イメージのアイコンを作ります。ニート・イメージ上にマウスを置き、右 ボタンをクリック。「送る」、「デスクトップ」と選んでいきます。
06NIIcon.jpg

3.「ニート・イメージ」の起動と入力, ノイズ・プロファイルの作成

   ニート・イメージを起動すると下記の絵がでてきます。「OK」をクリック。
07NIOpen.jpg

   最初に出てくる画面がこれです。第一段階としてノイズを取りたいイメージファイルを呼び出します。 Open input imageをクリックします。
08NIFirstStep.jpg

   ノイズのあるイメージの例として、「デジカメ作品交歓」224b号の和田義弘さんの花火の写真 を使用させていただきました。
09NIImageFile.jpg

   イメージが出てきたら、次の段階に移ります。Device Noise Profileと書かれたタブをクリック します。
10NIImageFileOpen.jpg

   マウスを使って、典型的なノイズのある部分を選びます。選ぶ範囲はある程度大きくして下さい。 選んだ範囲でノイズの分析ができるどうか教えてくれます。右側の欄のRough Noise Analyzerの青色のボックスの横に 分析可能なら太字の青色でSelection can be analyzed(選択範囲、分析可能)と出てきます。
11NINoiseProfile.jpg

   分析不可だとSelection too small(選択範囲が小さすぎます)と出てきます。 11NIAreaTooSmall.jpg

   右側の欄のRough Noise Analyzerの青色のボックスをクリックして、ノイズ分析をします。右欄の 下部Noise profile equalizerのコントロールボックスのレバーが動き色が出てきます。
12NIRoughAnalyzer.jpg

   次に、右欄の最下部の若草色のAuto fine-tuneボックスをクリックします。これはノイズプロ ファイルに画像全体のノイズの状態を加味します。そしてAuto completeをクリック。
13NIFineTune.jpg



4.ノイズ除去の条件設定

   次の段階はNoise Filter Settingのタブをクリックしますが、ここではノイズ除去の条件を設定 します。(めんどうだと思われる方はここをスキップして次の段階に行ってもかまいません。デフォールトのセッティ ングでノイズ除去ができます。)
   右欄上部のFilter presetでピンク色の下向き三角形をクリックして下さい。 15NIFilterSetting0.jpg

   クリックするとノイズ除去の条件設定が出てきます。上から:
   1.Complete noise reduction 完全ノイズ除去
   2.Default 既定値
   3.Remove artifacts デジカメ内のイメージ処理でできたノイズの除去(4種類)
   4.Retain natural image look イメージの自然な感じを残す(4種類)
   5.Sharpening イメージをシャープにする (6種類)

   下の絵では、「3.デジカメ内のイメージ処理でできたノイズの除去」の4種類の条件を示していま す。

   a) Filter low frequency splotches (digital zoom or very strong noise) 低周波の比較的大きな 塊状のノイズ(デジタルズーム使用によるもの、又はとても目立つノイズ)の除去。
   (注記)デジタルイメージを扱う時に、低周波、高周波などという形容詞を使いますが、大概において 低周波は「でかい」、高周波は「ちっさく細かい」と言い換えたら意味が通じます。

   b) Filter more of chrominance noise (muddy-looking image) 色彩に関するノイズ(くすんだ色の ノイズ)の除去。

   c) Filter more of thin lines (residual high frequency JPEG artifacts) どちらかというと 細い線(JPEG処理による高周波残留ノイズ)のノイズ除去。

   d) Filter more on edges (compression or sharpning artifacts) どちらかというとエッジの(圧縮 又はシャープニング処理による)ノイズの除去。

   (注記)JPEGで画像保存する際、画像劣化が起こります。圧縮率が高い程劣化の程度が高く なります。例えばエッジにギザギザが出来たりします。それに伴うノイズが上記のc)、 d)のものです。画像劣化のない イメージファイルにTIFFがありますがニート・イメージのデモ版では残念ながらTIFFで保存は出来ません。 14NIFilterSetting1.jpg

   下の絵は「4.イメージの自然な感じを残す」の4種類の条件を示しています。

   a) Remove only half of noise ノイズの半分だけ除去。

   b) Remove only half of stronger noise (keep fewer details) 強いノイズの半分だけ除去 (細部・ディテイルは失われやすい)。

   c) Remove only half of weaker noise (keep more details) 弱いノイズの半分だけ除去( 細部をより保存する)。

   d) Remove only half of high frequency noise 高周波ノイズの半分だけ除去。

16NIFilterSetting2.jpg

   「5.イメージをシャープにする」では6種類の条件から選択できます。

   a) Filter and sharpen image ノイズ除去とシャープニング。

   b) Filter and sharpen slightly out of focus image ノイズ除去と少しピンぼけの写真の シャープニング

   c) Filter and sharpen strongly out of focus image ノイズ除去と大きくピンぼけの写真の シャープニング

   d) Sharpen image シャープニング

   e) Sharpen slightly out of focus image 少しピンぼけの写真のシャープニング

   f) Sharpen strongly out of focus image 大きくピンぼけの写真のシャープニング

17NIFilterSetting3.jpg

   では実際に例に選んだ写真のノイズ除去の条件をえらんでみます。ノイズが比較的大きいので 「デジカメ内のイメージ処理でできたノイズの除去」のうち「低周波の比較的大きな塊状のノイズ(デジタルズーム使用 によるもの、又はとても目立つノイズ)の除去」を選んでクリックしました。
18NIFilterSettingSentaku1.jpg

   次にシャープニングをかけたらと思い、「イメージをシャープにする」のうち「ノイズ除去とシャ ープニング」を選びました。
19NIFilterSettingSentaku2.jpg

5.ノイズ除去の実行とファイルの保存

   右上部の「Output image」のタブをクリックして最終段階に進みます。下の画面に変わります
20NIFilterOutput1.jpg

   左上方の「Apply」のボックスをクリックすると、ノイズ除去の実行です。
21NIFilterOutput2.jpg

   出来あがったイメージを保存するため、File > Save output image as とマウスを動かして クリックします。
22NIFilterOutput3.jpg

   保存ファイルネームは原画の名前に「_filtered」が自動的に付加されます。もちろん自分 で如何様にもファイルネームは指定できます。「_filtered」でもかまわない時は、ノイズ除去実行の前に、 右欄の「Queued processing」の「Auto save output image」のボックスにチェックマークを入れると自動的に 保存してくれます。キュード・プロセシングはバッチ処理のことです。
23NIFilterOutput4.jpg

6.ノイズ除去処理の実行前と実行後の画像の比較

   少しソフトになっていますがノイズが見事に取れていますね。
24NIFilterOutputFinal.jpg